「anbienで過ごす1年」
test
  • 2017/10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017/12

「anbienで過ごす1年」を終了しました。

2011年09月21日 (水) 11:59 |


終了してからだいぶあいてしまったのですが、2010年の9月から始まりま
した「anbienで過ごす1年」は2011年8月をもちまして無事に終了致しま
した。月並みですが、本当にあっという間でした。

1年の期間中、anbienにて様々な催しが行われました。催しの数は17、
観光ガイド、ワークショップ、レクチャー、トークイベント、ライブ等々
のべ100名以上の方が会場へ遊びに来てくださいました。催しにご参加頂
きました皆さま、関係者の皆さま、場所を提供してくれたanbien、本当に
有難うございました。

「anbienで過ごす1年」を行えた事で企画をする上でも、人間的にも広い
視野を得る事が出来たと感じています。様々な人が集い、話しを交わす。
その空間がとても心地よく同時に刺激的で、直接お会いして顔を見て話し
をするという事に改めて重要さを感じました。期間中、震災もありました。
そこから催しは3ヶ月間お休みとなってしまいましたが、その間もanbien
の作るご飯や紅茶はとても美味しくて、催しを継続する励みになりました。
一喜一憂を共に感じながら、一緒に過ごした1年間。とても濃密でした。
また、anbienで催しをする事もあるかと思います。その時は、是非また集
まりましょうね。そして、一度でも催しに参加頂きました皆さま、催しは
無くともanbienは通常どおり営業しておりますので、美味しいごはんと紅
茶を召し上がりにお出掛けくださいね。美味しい物を作る秘訣はお客さん
の笑顔だと僕は思います。

今後このブログの更新はほとんどなくなると思いますが、記録として残し
ておきたいと思います。思い出のアルバムのように、たまに見て懐かしん
で頂ければとても嬉しいです。皆さんのいつもの仙台、いつもの日常の中
にanbienで過ごしたひと時が心の中に残れば幸せです。

またanbienでお会いしましょう!


小さな街 小野

anbien のお話し。

2010年08月19日 (木) 16:44 |


anbienという喫茶店。初めて伺ったのは、1年以上前になるでしょうか。
土曜日ごはんを注文し、ワンプレートに盛られた魚にご飯にサラダは、
キレイで美味しくて、また食べたいなーと思った記憶があります。そこ
からランチにカフェにと少しずつ遊びに行くようになりました。紅茶が
とても素敵で美味しくて。名前がとてもユニークで、Puss&Kram(キス
と抱擁)やMunk Te(修道僧のお茶)、Champagne(シャンパーニュ)
等々。それぞれに特徴があり、どれも美味しいのです。どれにしようか
悩んでも、お店の方がお勧めしてくれるのも嬉しいのです。

そのうちにお話しするようになり、小さな街の催しへ参加していただい
たり遊びに来ていただくようになって。お店の今までや未来の事、催し
の事プライベートな事、とても長い時間の中で色々な話しをしました。
これまでの時間が、「anbienで過ごす1年」を始めるきっかけになった
のだと感じます。

階段から店内のアプローチ。お店に飾ってある素敵な絵画。大きな窓。
そこから見える景色。道路に面して車も人も通ってはいますが、その
雑踏は2階だとかえって別世界のような、静かな感じがします。

昨日も、ギャラリーくろすろーどの展示を見がてら黒須さんにレクチャ
のお話しをしてきました。なんと快くレクチャの話し手をして頂ける事
に!ありがとうございます。これを機会に様々な職種の方にお話しを訊
く予定です。

さて、ここからどんな1年が始まるのでしょう?僕自身も、とても楽し
みです。あっという間の9月。3つの企画からスタートします。

anbienで過ごす1年

2010年08月16日 (月) 17:07 |


小さな街で、新たな企画が9月から始まります。
その名も「anbienで過ごす1年」。

仙台の一番町にあります「anbien」という喫茶店の貴重な空間をお借り
して、1年を通して、ものづくりワークショップや「しごと」に関する
レクチャー等、様々な催しを開催します。

テーマは「時間」です。ものを作る事で感じる楽しさの時間。その人の
経験や行ってきた仕事を伺い、体感・共有する時間。既にそこにある魅
力を再確認し、感じる事の出来る時間。それら全てを催しに参加してく
ださる皆さまと感じ合う事が出来たら。これは、とても幸いです。

どの催しもささやかではありますが、とても興味深いモノ・コトがあり
ます。いつもとはひとあじ違う1年間。美味しい!嬉しい!面白い!
そんな、有意義な時間をお楽しみください。

この企画に協力してくださるのは、東北の日常をおもしろくする活動を
している「つれづれ団」の皆さま、いつも笑顔が素敵な書店員の「佐藤
ジュンコさん
」、そして、まとまらないまとまりの「kokonote」の皆さ
ま。それぞれの「らしさ」が沢山詰まっています。

今後の予定・詳細はこのブログにて随時掲載いたします。予約が必要な
催しもございますので、こまめにチェックをして頂ければと思います。

9月からの催しは、「9月の連休に向けて」と「置きノート」と雑貨・
手紙用品店 yutorico.を営む高橋さんのものづくりワークショップを
行います。その詳細はまた改めて掲載しますね。
Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.