「anbienで過ごす1年」
test
  • 2017/10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017/12

「本の話をしよう、本と旅に出よう。」が終了しました。

2011年07月07日 (木) 22:48 |
更新が遅くなりましたが、6/29(水)に「本の話をしよう、本と旅に出よ
う。」が終了致しました。日程が大幅に変更になったのにも関わらず、多
くの方に参加して頂き有難うございました。



anbienで過ごす1年では恒例になりつつある風景(笑)皆さんとテーブル
を囲みマカロニサラダを一緒にいただきます。器一杯の野菜はとてもボリ
ュームがあり美味しかったです。ドレッシングも2種類あって、楽しみな
がら皆さんといただきました。

さて、今回はタイトルにあるようにテーマを「旅」と絞って本の話をしま
した。参加者の方々には「旅に持っていきたい本」と「旅に出る友だちに
贈りたい本」の2冊を持参して頂いたわけですが、旅に持っていきたい本
の話しの中では電車やバスや人を待つちょっとした時間に読める様にと詩
集や短編集を選ばれた方が多かったのが印象的でした。その他印象に残っ
たのは、「旅に本を持って行くのだけど、読まない事も多い。でも、その
本は旅のお守りなのかもしれない。」という話し。話しを深めて行くにつ
れて何で旅に本を持って行くのだろう?なんて疑問も出つつありましたが
この「旅のお守り」という言葉は、ストーンと身体に溶けていく様で、改
めて「本」も「旅」も好きになるような感じがしました。久々ではありま
したが、こうした会話のできる「場」は楽しいなぁと感じる素敵なひと時
でした。参加して頂きました皆さま、佐藤ジュンコさん、anbienさん、本
当に有り難うございました!また機会がありましたら次回も行いたいです
ねー。

最後に、参加者の皆さんにお持ち頂いた本の写真をご紹介します。左が、
「旅に持っていきたい本」で右が「旅に出る友だちに贈りたい本」です。
どれも気になる本ばかりでしたー。

 

 

 

「本の話をしよう、本と旅に出よう。」

2011年06月23日 (木) 16:52 |


3月から延期になっていました「本の話をしよう、本と旅に出よう。」
ですがanbienさん、ジュンコさんとの話し合いの上、振替日を6/29(水)
と決定しました。決定が遅れてしまい大変申し訳ございませんでした。

前回申し込んでくださった方を優先した上で、新たに参加者の募集をさ
せて頂きます。興味のある方は是非、ご参加ください。

タイトルは「本の話をしよう、本と旅に出よう。」です。改めて内容は、
テーマを「旅」に絞って、旅に出る時にどんな本を持って行くか、旅先
でどんな本を読みたいか?旅に出るという親しい人へどんな本を贈りた
いか?などなど、思い出話、妄想話をゆったりまったり話しましょうと
いうもの。何気ない会話から、本の魅力を再発見できるかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




 本の話をしよう、
 本と旅に出よう。

昨年11月に開催した「本の話をしよう。」があんまり楽しかったので
またみなさんと本の話がしたくなりました。

第2回は「旅」がテーマです。
一冊は「旅に持っていきたい本」。もう一冊は「旅に出る友だちに贈り
たい本」。

旅に出るときに必ず持っていくもの、なんですか?カメラ?ガイドブッ
ク?スケッチブック?私は本を持っていきます。いつだって鞄に本は入
っているけれど、旅となると特別です。旅に出る朝、いちばん悩むのが、
どの本を持っていくか。旅行鞄と本棚の前を往復して、うーん、うーん、
頭をひねります。あれも持っていきたい、これも読みたいとよくばって
詰め込みすぎて、ほかのものが入らなくなってしまったり大事なもの
を忘れてしまったり、そんなこともしばしば。

架空の旅行計画を立てて、いっしょに旅をする本を一冊選んでお話しを
聞かせてくださいな。

旅に出る友だちには、どんな本を送りましょう。直接役に立つ本はもち
ろん、旅に出るのが楽しみになる本、旅先で読んでもらいたい本、いろ
いろありそうです。

のんびりゆっくり、いっしょにお話ししませんか?

さて、私もどの本を持っていこうか、本棚と相談します。お話会の前に、
なんだか旅に出たくなってしまいそうです。

絵・文 / 佐藤ジュンコ


「本の話をしよう、本と旅に出よう。」

日時 6/29(水)19時〜2時間程度
会場 anbien
料金 ¥1,000(マカロニサラダ付き)
定員 10名
持ち物 「旅に持っていきたい本」と
    「旅に出る友だちに贈りたい本」の2冊
    (今回は本の交換はありません。)

 ◆ 本を通して、みんなで沢山お話ししましょう! ◆

参加のご予約は、chii-sana-machi@mail.goo.ne.jpまで
ご連絡ください。

企画 佐藤ジュンコさん

サポート 小さな街 小野



【 anbien 地図 】

「本の話をしよう、本と旅に出よう。」

2011年02月23日 (水) 01:16 |


「並木さんの仕事」の感想の前に、2回目の開催要望が多かった「本の
話をしよう。」の第2回が決定しましたので、参加募集のお知らせです。

タイトルは「本の話をしよう、本と旅に出よう。」です。テーマを「旅」
に絞って、旅に出る時にどんな本を持って行くか、旅先でどんな本を読
みたいか?旅に出るという親しい人へどんな本を贈りたいか?などなど、
思い出話、妄想話をanbienさんの作ってくれる紅茶を飲みながらゆった
りまったり話しましょう!何気ない会話から、本の魅力を再発見できる
かもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




 本の話をしよう、
 本と旅に出よう。

昨年11月に開催した「本の話をしよう。」があんまり楽しかったので
またみなさんと本の話がしたくなりました。

第2回は「旅」がテーマです。
一冊は「旅に持っていきたい本」。もう一冊は「旅に出る友だちに贈り
たい本」。(こちらはみんなで交換をしたいと思いますので手放しても
よい本をお持ちくださいね。)

旅に出るときに必ず持っていくもの、なんですか?カメラ?ガイドブッ
ク?スケッチブック?私は本を持っていきます。いつだって鞄に本は入
っているけれど、旅となると特別です。旅に出る朝、いちばん悩むのが、
どの本を持っていくか。旅行鞄と本棚の前を往復して、うーん、うーん、
頭をひねります。あれも持っていきたい、これも読みたいとよくばって
詰め込みすぎて、ほかのものが入らなくなってしまったり大事なもの
を忘れてしまったり、そんなこともしばしば。

架空の旅行計画を立てて、いっしょに旅をする本を一冊選んでお話しを
聞かせてくださいな。

旅に出る友だちには、どんな本を送りましょう。直接役に立つ本はもち
ろん、旅に出るのが楽しみになる本、旅先で読んでもらいたい本、いろ
いろありそうです。

ティーハンデルのおいしい紅茶をいただきながらのんびりゆっくり、
いっしょにお話ししませんか?

さて、私もどの本を持っていこうか、本棚と相談します。お話会の前に、
なんだか旅に出たくなってしまいそうです。

絵・文 / 佐藤ジュンコ


「本の話をしよう、本と旅に出よう。」

日時 3/22(火)19時〜21時
会場 anbien
料金 ¥1,000(温かいスープ付き
定員 10名
持ち物 「旅に持っていきたい本」と
    「旅に出る友だちに贈りたい本」
    (実際に交換をしても良い本)の2冊



参加のご予約は、chii-sana-machi@mail.goo.ne.jpまで
ご連絡ください。

企画 佐藤ジュンコさん

サポート 小さな街 小野


【 anbien 地図 】





【追記】

※今週末を予定していましたこのお話し会は、主催しているジュンコさん
の体調を考慮し延期する事に致しました。ご連絡が遅れまして大変申し訳
ございません。延期の日程は3/22(火)の19時からと決定致しました。
引き続き、参加申込みを受け付けておりますのでご都合の合う方は是非、
ご参加ください。

「本の話をしよう。」が終了しました。

2010年12月03日 (金) 15:50 |
11月27日に行われました「本の話をしよう。」が無事に終了しました。
参加してくださった皆さまのおかげもあってとても楽しい時間になりま
した!ありがとうございます!

anbienさんの本棚の一部で、10月18日から今も継続して開催中の
「古本月間佐藤純子」。その企画の打ち合わせをしている時に「本の
話をするだけの催しがあれば楽しいね」と書店員の佐藤ジュンコさん
が話したのがこの催しのきっかけとなりました。シンプルだけど、だ
からこそ参加した全員が楽しめる催しとなったのではないかなと思い
ます。

参加者の皆さまには、「好きな本、もしくは自分にとって重要な本」
と「誰かに読んでもらいたい本」の2冊を用意して頂きました。それ
ぞれに思い入れのある本。お持ち頂いた本は様々なジャンルで、
絵本、小説写真集、詩集、インタビュー本などがありました。ちょっ
と長くなりますが、下に皆さんのお持ち頂いた本の画像を載せてい
きますね。右が「好きな本、もしくは自分にとって重要な本」で左が
「誰かに読んでもらいたい本」です。


西村 佳哲さんの本が両方にエントリー。>


<誰かに読んでもらいたい本には、手作りのカバーが。>


<1冊にはまとめられずに2冊持って来た方も。>


<やっぱりこの本の話しがしたい!とメモにタイトルを書いてもらったり。(右)>


<好きな本は、初めて自分でお金を出して買った本なのだそう。>


<絵本を持って来てくれた方も。>


<湿度まで伝わるという話しが印象的でした。(左)>


<どちらも、とても重要な本。>


<中には、本のネクタイを付けて来た方も。>

anbienさんの美味しいスープを食べながら、皆さんと終始和やかに
楽しく沢山の本の話しをすることができました。終わってみて感じる
事は、「好きな本」は自分自身に大きな影響があるという事。その本
が今の自分を作っていると言う方が多かったのは、改めて驚きました。
そして、本の話をしている時の皆さんの楽しそうな表情が印象的で。
まるで自分自身の話をしているような、時に可笑しく、時に真面目に
とても有意義な時間を過ごす事が出来ました。第二回の要望もありま
したので、是非実現したいです!ね、ジュンコさん!

参加してくださいました皆さん、佐藤ジュンコさん、本当に有難う
ございました!

続 「古本月間佐藤純子」

2010年11月08日 (月) 17:33 |


当初の予定では第1回、第2回とわけて販売をするはずでしたが、販売
期間をグンッ!と延長しております「古本月間佐藤純子」がanbienさん
のご好意で、このまま11月も通して販売することが決まりました!先日、
新たに本の補充もありましたので、是非2度3度と足を運んでいただけ
ればなと思います。自分の気分にピッタリな1冊と出会えるかもしれま
せんよー。

そして、この期間中に行う本に関するお話し会の詳細が決まりました
ので、参加者募集のお知らせです。

タイトルは「本の話をしよう。」です。自分の好きな本の話しを、皆さん
も交えてとことん話してもらおう!という催しです。参加していただく皆
さんには2冊の本をご用意していただきます。1冊は「好きな本、もしく
は自分にとって重要な本」。もう1冊は「誰かに読んでもらいたい本」
の2冊です。「誰かに読んでもらいたい本」は交換用になりまして、皆
さんにお持ちいただいた本をお話し会の中で交換したいなと思います。

何の本を持って行こうかなぁーと選ぶ時間さえ楽しい。他の皆さんが、
どんな本を選ぶのかもとても楽しみなお話し会となることでしょう!
anbienさんの作ってくれる温かいスープを食べながら、ゆったりまっ
たり「本の話をしよう。」じゃありませんか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜 好きな本と、読んでもらいたい本を持って 〜
「本の話をしよう。」

日時 11/27(土)19時〜21時
会場 anbien
料金 ¥1,000(温かいスープ付き)
定員 10名
持ち物 「好きな本、もしくは自分にとって重要な本」と
    「誰かに読んでもらいたい本」の2冊


参加のご予約は、chii-sana-machi@mail.goo.ne.jpまで
ご連絡ください。

企画 佐藤ジュンコさん

サポート 小さな街 小野


【 anbien 地図 】

Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.