「anbienで過ごす1年」
test

「仙台市ロマンチッ区 勝手に珍迷所案内」終了しました。

2010年10月31日 (日) 14:12 |


掲載が遅くなってしまいましたが、先日の10/23(土)につれづれ団主催
のまちあるき企画「仙台市ロマンチッ区 勝手に珍迷所案内」が終了し
ました。後日、つれづれ団から送って頂いたレポートを交えながら書か
せて頂きますね。

anbien界隈をつれづれ団が勝手に「仙台市ロマンチッ区」と命名。参加
者が歩いて「気になる」「おもしろい」ものや場所をデジカメで撮影し、
参加者がみつけた珍迷所を集め、珍迷所案内を作ろうというまちあるき
の企画です。集合はanbienのお店の前。学生さんやお子さんの参加もあ
り、合計で7名で「仙台市ロマンチッ区」を散策スタート!



ちなみに、上の画像が「仙台市ロマンチッ区」の範囲。北は町通り、
南は東北大学片平キャンパス北門、東は目町、西は片平丁とややこ
しいのもつれづれ団「らしい」(笑)



1時間ほどまちあるきをした後に、再びanbienに集合。シャンパーニュと
言う名前のフレーバーティーをいただきながら、皆さんの撮って来た写
真の発表会をしました。どこで撮ったのか、撮影した理由などをパソコ
ンの画面に映しながらお一人ずつ発表しました。発表をする側も、話し
を聞く側もとても楽しみながら進んで行きました。

参加者のみなさんからは「ほかの人が撮影した場所を探しながら帰りま
した。」や、「自分の好きをたくさん知りました。」という感想をいた
だきました。ご参加頂きまして、本当にありがとうございました!つれ
づれ団
のスタッフもお疲れさまでした!当日、参加してくださった皆様
の撮影した写真は、つれづれ団のブログにて見る事が出来ますので是非
ご覧下さい。

後日、スタッフに催しの感想を訊いてみたら「同じ場所を歩いているの
に、見えているものがちがっていたり、同じものを見ていても感じ方が
ちがったり。同じものに気づいた人がいるのが嬉しかった。」とのこと。
それぞれの見方、感じ方を共有してみてわかる発見にドキドキワクワク
したのでしょうね。

自分の街を改めて歩いてみる事。実は、見逃している素敵なものが沢山
あるという事。そして、皆それぞれの見方、感じ方があるんだなと言う
事。とても意義のある催しとなってのでは無いでしょうか。しかも、そ
れを楽しみながら出来るんですから。素晴らしい事ですよね。

皆さんもお時間があれば、散歩がてら「まちあるき」をして見てくださ
いね。僕もデジカメ片手にやってみようと思います。
Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.