「anbienで過ごす1年」
test

「黒須さんの仕事」終了いたしました。

2010年11月26日 (金) 23:48 |

 写真が撮影出来ず、皆さんが帰った後をパチリ。

だいぶ日が経ってしまいましたが、「仕事」を通してその人の「働き方」
や「考え方」「生き方」などを深めていく、お話し会のようなレクチャ
「黒須さんの仕事」が12/20に無事終了いたしました。

今回はプロジェクタの投影もなかったので、より皆さんとの会話がしやす
いように席のレイアウトを変更して、前回同様ゆるやかにスタートしまし
た。黒須さんがご用意していただいた賣茶翁のどら焼きもとても美味しか
ったですね。黒須さんありがとうございます。

今回のレクチャでも、前回と同じ「テーマ」を設けました。そのテーマと
は、「黒須さんの仕事の特徴的な部分とは何だろう?」。ギャラリーくろ
すろーどさんのお話しや、僕との会話を聞いて個々に感じる「黒須さんの
仕事の特徴(らしさ)」を書きとめてもらいました。最後には、掲げた
「テーマ」を中心に皆さん全員で話しを深めていきました。

このレクチャで面白いなと思う所は、参加者がそれぞれの「視点」で黒須
さん、もしくはギャラリーや美術に興味を持っているという事。黒須さん
と僕の会話を、その「視点」を通して皆さんの中に伝わり、そしてそれぞ
れに伝わった事をひとつのテーマのもとに話し合う。有機的な伝言ゲーム
とでも言いますか、それぞれの視点を通した意見が、話し手の黒須さんへ
(もちろん僕も含めた皆さんへも)フィードバックになっているんですね。
ずれている事が気づきに繋がるという不思議な効果がとても興味深かった
です。そしてこのフィードバックが、各々の視点からだけでは見えなかっ
た気づきを得られているようでした。

黒須さんとの会話や、その後の皆さんとの会話で僕なりに感じた黒須さん
の仕事の特徴は、「伝える姿勢」だと思いました。黒須さんはしきりに
「自分なりのギャラリーの役割」の話をします。それは、物だけを展示す
るのではなく、展示物を製作した「人」も伝えるという事。そして、作品
を生活へ持ち込んだ時の嬉しさや喜びを素直に皆で分かち合おうとする事。
鑑賞者と目線が同じであり、鑑賞者の意見の全てを取り込む姿勢がある。
そんな黒須さんだからこそ伝えられる事がある。伝わる事があるのだ。と。

仕事にせよ、活動にせよ「役割」に気づき、邁進できるというのはとても
強度があります。とても前向きで、しなやかな強度。この気づきは以外と
難しい事だと僕は思います。

東京都初の民間人校長になった藤原和博さんは「正解主義」と「修正主義」
という興味深い話をラジオでしていましたが、まさにこの会の事を言って
いるかのよう。この話しも長くなるのでまた機会に。黒須さん、参加者の
皆さま、本当に有り難うございました。とても楽しかったです。

次回は、「のんびり酒場ニコル」を営む伏谷さんをゲストとしてお迎えし
て行う予定です。詳細が決定しましたら後程掲載致しますね。興味があり
ましたら、是非ご参加ください。

「羊毛と紅茶染めレースでコサージュを作る会」

2010年11月24日 (水) 22:42 |


vintage partsを中心に様々なパーツや小物、レースなどの装飾品を扱う
poupou poddyの店主、ゆめさんを講師と迎えたワークショップの内容が
決まりましたのでお知らせいたします。フワフワと柔らかで温かそうな、
素材を使ったコサージュを作るワークショップ。色々な所に付ける事が
できそうですね!画像はコサージュのイメージです。当日は、アレコレ
選んで製作出来るそうなので、皆さんそれぞれの個性が活きる仕上りに
なりそうですね!

poupou poddyさんには、お店のチラシ制作を頼まれているという事もあ
りまして、オープン以前から度々お店に伺っていたのですがそこに並ぶ
沢山のパーツ!ドイツ製やチェコ製を始め海外のビンテージ物、ガラス
製、シェル(貝)などのビーズパーツ、レース、と取り扱い商品も様々。
その他にも、それらの商品を使用したハンドメイドアクセサリーや小物
も魅力のひとつ。とにかく、ハンドメイドがお好きな方であれば心躍る
空間なのです。

ワークショップに興味のある方は、是非ご参加ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「羊毛と紅茶染めレースでコサージュを作る会」

講師 poupou poddy店主 ゆめさん
日時 12/13(月)15時〜17時
会場 anbien
料金 ¥1,800(フレーバーティー付き)
定員 5名

参加のご予約は、chii-sana-machi@mail.goo.ne.jpまで
ご連絡ください。



【 anbien 地図 】



ーーーーーーー

このワークショップは終了致しました。
その様子はコチラ! → http://bit.ly/dQQCCA

「ガラスのブックマーク」

2010年11月17日 (水) 14:25 |


グッと冷え込みが厳しくなってきましたね。今年の冬将軍はとても強そ
うだなーと、今から弱腰です。。。

さて、Stained Glass Gingaの高橋さんを講師に迎えたワークショップ
の内容が決まりましたのでお知らせいたします。「ガラスのブックマー
ク」の制作体験とのことで、冬の読書が楽しくなるアイテムになりそう
ですね!図柄もシンプルですので、男性の方にも合うと思いますよ。
興味のある方は是非、ご参加ください!僕も参加しようかなぁ(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ガラスのブックマーク」

講師 Stained Glass Ginga 高橋さん
日時 12/4(土)14半時〜2時間程度
会場 anbien
料金 ¥2,800(フレーバーティー付き)
定員 6名
持ち物 読みかけの本があればご持参下さい
内容 1cm角のガラスの中から好きな色合わせをして、
   お好みのブックマークを作ります。
   ヒモの長さは25cm以内で自由に調整できます。

毎年、秋冬の季節になるとアーガイルデザインのセーターや
靴下に惹かれます。本とオリジナルブックマークを手に、
お気に入りの場所で読書タイムをお楽しみ下しさい。

*ワークショップでは、初心者でも扱いやすい鉛入りのハンダを
使用します。
*ハンダ付け作業はマスクを付けて作業をして頂きますが、
 妊婦様、小さなお子様連れでのご参加はご遠慮下さい。

参加のご予約は、chii-sana-machi@mail.goo.ne.jpまで
ご連絡ください。今回のワークショップは初めての方を優先的に
させて頂きたいなと思います。ご了承ください。



【 anbien 地図 】



ーーーーーーー

このワークショップは終了致しました。
その様子はコチラ! → http://bit.ly/dQQCCA

続 「古本月間佐藤純子」

2010年11月08日 (月) 17:33 |


当初の予定では第1回、第2回とわけて販売をするはずでしたが、販売
期間をグンッ!と延長しております「古本月間佐藤純子」がanbienさん
のご好意で、このまま11月も通して販売することが決まりました!先日、
新たに本の補充もありましたので、是非2度3度と足を運んでいただけ
ればなと思います。自分の気分にピッタリな1冊と出会えるかもしれま
せんよー。

そして、この期間中に行う本に関するお話し会の詳細が決まりました
ので、参加者募集のお知らせです。

タイトルは「本の話をしよう。」です。自分の好きな本の話しを、皆さん
も交えてとことん話してもらおう!という催しです。参加していただく皆
さんには2冊の本をご用意していただきます。1冊は「好きな本、もしく
は自分にとって重要な本」。もう1冊は「誰かに読んでもらいたい本」
の2冊です。「誰かに読んでもらいたい本」は交換用になりまして、皆
さんにお持ちいただいた本をお話し会の中で交換したいなと思います。

何の本を持って行こうかなぁーと選ぶ時間さえ楽しい。他の皆さんが、
どんな本を選ぶのかもとても楽しみなお話し会となることでしょう!
anbienさんの作ってくれる温かいスープを食べながら、ゆったりまっ
たり「本の話をしよう。」じゃありませんか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜 好きな本と、読んでもらいたい本を持って 〜
「本の話をしよう。」

日時 11/27(土)19時〜21時
会場 anbien
料金 ¥1,000(温かいスープ付き)
定員 10名
持ち物 「好きな本、もしくは自分にとって重要な本」と
    「誰かに読んでもらいたい本」の2冊


参加のご予約は、chii-sana-machi@mail.goo.ne.jpまで
ご連絡ください。

企画 佐藤ジュンコさん

サポート 小さな街 小野


【 anbien 地図 】

「黒須さんの仕事」

2010年11月05日 (金) 08:06 |


「仕事」を通してその人の「働き方」や「考え方」「生き方」などを
深めていく、お話し会のようなレクチャー第二弾の詳細が決定しまし
たので、参加者募集のお知らせです。

2回目のゲストは、南町通りオープンギャラリー くろすろーど を営
んでおられます黒須 敦子さんです。ギャラリーを始めるまでの経緯や
想いそして、黒須さんの考える「生活の中のアート」のお話しを中心
に、私生活の過ごし方や自分にとって重要な本などのお話も訊きたい
なと思います。参加してくださる皆さんの意見も交えつつ、楽しく和
やかで有機的な会にできればと思います。

くろすろーどさんで行われる展示を見に行くと、フッと力が抜ける気
がします。リラックスした状態の温かな気持ちで展示を楽しめる。
何故だろう?ギャラリーには独特の雰囲気があるなと感じていました。
音は立てず、喋らず、ジーッと絵を鑑賞するような。(もちろんそれ
を否定しているわけではありません)しかし、くろすろーどさんでは、
僕(皆さん)が、飾られている「絵」だけではなく「描いた作者」に
も大きく関われる気がします。空間と作品と作者と見手のそれぞれの
バランスが、この居心地の良い空間を作り出しているのかもしれませ
んね。そういった「作品以外の関わり合い方」のお話しも出来ればな
と思います。

今回は、スタートがお昼過ぎと早くなります。紅茶を飲みながらゆっ
たりと進めていければと思います。少しでも黒須さんの話しを聞いて
みたい!と感じた方は、是非ご参加ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「黒須さんの仕事」

日時 11/20(土)14時〜16時
会場 anbien
料金 ¥1,000(フレーバーティー付き)
定員 10名

参加のご予約は、chii-sana-machi@mail.goo.ne.jpまで
ご連絡ください。

話し手 南町通りオープンギャラリー くろすろーど
    オーナー 黒須 敦子さん

聞き手 小さな街 小野


【 anbien 地図 】



Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.