「anbienで過ごす1年」
test

「夏色を織る」終了しました。

2011年07月27日 (水) 23:31 |
期間があいてしまいましたが、先日の7月16日に色葉工房の庄子さん講師
としてお迎えしたワークショップ「夏色を織る」が終了致しました。



庄子さんからワークショップの感想と共に送って頂いた作業風景の写真は、
まさに夏らしい晴天でとても気持ち良さそうでした。ひと工夫もふた工夫も
盛り込まれたワークショップ。「織り」を更に楽しむきっかけとなったので
はないでしょうか。「ここまでやりたい!を、今回は全部やらせていただき
ました。」と庄子さん。参加された方々とのコミュニケーションも楽しんで
いたようでした。



出来あがった皆さんの作品を見ると、涼しげだったり、やわらかいイメージ
だったり、どれも素敵なモノばかり。今回のワークショップでは、木枠も持
ちかえれるので是非、お家でも楽しんでくださいね!

参加された皆さん、講師の庄子さん、anbienさん有難うございました!

詳しいワークショップの様子は庄子さんのブログでも書いておりますので
そちらもご覧ください!

色葉工房:http://iroha880.blog102.fc2.com/



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




「銅で作る、ティースプーン」

日時 8月6日(土)14時〜

様々な模様の中からお好きな物を自由に選んで
刻印することができるワークショップです。

まだまだ参加申込受付中です!

詳細は、http://bit.ly/qCzPby をご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「銅で作る、ティースプーン」

2011年07月21日 (木) 07:35 |
先日、「夏色を織る」も無事に終了致しました。ご参加頂きました皆さま、
講師の色葉工房の庄子さん、お疲れさまでした。ちょっと前後してしまう
のですが、当日の様子の前に8月6日に行われますワークショップの参加募
集のお知らせです。





小さな街の製品でもお世話になっております、Pure ZENHの田中さんを
講師と迎えまして、銅のティースプーンを叩いて作るワークショップで
す。様々な模様の中からお好きな物を自由に選んで刻印することができ
ます。七夕まつりの期間中ではありますが、是非ご参加ください。

僕も以前ワークショップを体験したのですが、実際に金づちを使って
トントンと打つ作業はとても気持ちが良く、模様を付けたり少し形を
変えたりと、とても楽しかったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「銅で作る、ティースプーン」


様々な模様の中からお好きな物を自由に選んで
刻印することができます。

場所:anbien
日時:8月6日(土)
時間:14:00〜16:00
料金:3,500円(お茶代は別途お支払い頂きます)
定員:4名

講師 Pure ZENH 田中さん
web : http://www.zenh.co.jp/


参加のご予約は、chii-sana-machi@mail.goo.ne.jpまで
ご連絡ください。


【 anbien 地図 】

「夏色を織る」

2011年07月09日 (土) 00:40 |


3月から延期になっていました「春色を織る」ですが、振替日を7/16(土)
と決定しました。ワークショップのタイトルを「夏色を織る」と変更し、
前回申し込んでくださった方を優先した上で、新たに参加者の募集をさせ
て頂きます。興味のある方は是非、ご参加ください。

色葉工房の庄子さんを講師と迎えまして、小型の木枠を使い、色とりどり
の毛糸で小さなコースターを手織りできる体験です。ワークショップが終
わっても持ち帰ってお家でも気軽に織りが楽しめるのが本当に嬉しいです
ね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「夏色を織る」


木枠を使って手織りの体験。
色とりどりの毛糸で小さなコースターを作ります。

● 織り上がったら、木枠のまま飾っても 木枠からはずしてコース
 ターにしてもOKです。
● 木枠ごとお持ち帰りいただけます。何度でも使えるので、家でも
 織りを楽しむことができます。
● 道具類は、すべてこちらで準備します。

場所:anbien
日時:7月16日(土)
時間:14:00〜16:00
料金:3000円(お茶代・木枠込み)
定員:6名

講師 色葉工房 庄子葉子さん
blog : http://iroha880.blog102.fc2.com/


参加のご予約は、chii-sana-machi@mail.goo.ne.jpまで
ご連絡ください。


【 anbien 地図 】

「本の話をしよう、本と旅に出よう。」が終了しました。

2011年07月07日 (木) 22:48 |
更新が遅くなりましたが、6/29(水)に「本の話をしよう、本と旅に出よ
う。」が終了致しました。日程が大幅に変更になったのにも関わらず、多
くの方に参加して頂き有難うございました。



anbienで過ごす1年では恒例になりつつある風景(笑)皆さんとテーブル
を囲みマカロニサラダを一緒にいただきます。器一杯の野菜はとてもボリ
ュームがあり美味しかったです。ドレッシングも2種類あって、楽しみな
がら皆さんといただきました。

さて、今回はタイトルにあるようにテーマを「旅」と絞って本の話をしま
した。参加者の方々には「旅に持っていきたい本」と「旅に出る友だちに
贈りたい本」の2冊を持参して頂いたわけですが、旅に持っていきたい本
の話しの中では電車やバスや人を待つちょっとした時間に読める様にと詩
集や短編集を選ばれた方が多かったのが印象的でした。その他印象に残っ
たのは、「旅に本を持って行くのだけど、読まない事も多い。でも、その
本は旅のお守りなのかもしれない。」という話し。話しを深めて行くにつ
れて何で旅に本を持って行くのだろう?なんて疑問も出つつありましたが
この「旅のお守り」という言葉は、ストーンと身体に溶けていく様で、改
めて「本」も「旅」も好きになるような感じがしました。久々ではありま
したが、こうした会話のできる「場」は楽しいなぁと感じる素敵なひと時
でした。参加して頂きました皆さま、佐藤ジュンコさん、anbienさん、本
当に有り難うございました!また機会がありましたら次回も行いたいです
ねー。

最後に、参加者の皆さんにお持ち頂いた本の写真をご紹介します。左が、
「旅に持っていきたい本」で右が「旅に出る友だちに贈りたい本」です。
どれも気になる本ばかりでしたー。

 

 

 

Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.