「anbienで過ごす1年」
test
  • 2018/11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2019/01

「春色を織る」

2011年03月06日 (日) 11:47 |


ワークショップ参加募集のお知らせです。3月に入りまして、まだまだ気
温は上がらないですが日差しはすっかり春の感じですね。さて、春を感じ
る織りのワークショップが決まりました。色葉工房の庄子さんを講師と迎
えまして、小型の木枠を使い、色とりどりの毛糸で小さなコースターを手
織りできる体験です。ワークショップが終わっても持ち帰ってお家でも気
軽に織りが楽しめるのが本当に嬉しいですよね!是非、ご参加ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「春色を織る」


木枠を使って手織りの体験。
色とりどりの毛糸で小さなコースターを作ります。

● 織り上がったら、木枠のまま飾っても 木枠からはずしてコース
 ターにしてもOKです。
● 木枠ごとお持ち帰りいただけます。何度でも使えるので、家でも
 織りを楽しむことができます。
● 道具類は、すべてこちらで準備します。

場所:anbien
日時:3月26日(土)
時間:14:00〜16:00
料金:3000円(お茶代・木枠込み)
定員:6名

講師 色葉工房 庄子葉子さん
blog : http://iroha880.blog102.fc2.com/


参加のご予約は、chii-sana-machi@mail.goo.ne.jpまで
ご連絡ください。


【 anbien 地図 】

「並木さんの仕事」終了いたしました。

2011年03月01日 (火) 19:25 |

< photo 193

「仕事」を通してその人の「働き方」や「考え方」「生き方」などを深め
ていく、お話し会のようなレクチャの第4回「並木さんの仕事」が2 / 19
に終了いたしました。

今回のゲストは「株式会社プレスアート」に勤める並木 直子さん。自身
が作ってくれた職務経歴書をベースに話しを進めていきました。実はこの
職務経歴書の中には、その時々に感じた事、考えた事などが並木さんの
直筆で書かれています。これがあるのと無いのでは全然違う。このちょ
っとした手間に温もりと熱意を感じます。フレーズとして紙に記された
言葉達。潜在的な部分でもあるだけに、色々と伺ってみたいなぁという
気持ちになります。


< photo 193

はじめは営業の仕事を担当し、時代の流れに添うように様々な場所、様々
な視点で「情報メディア」や「仙台」を見て、触れてきたからこそ、伺う
事のできるとても貴重なお話しでした。anbienさんも「参加者の皆さんが
並木さんの一挙一動を見逃さないように、何かを吸収したいという熱意が
伝わってきました。」とブログに書いていましたがまさにその通りで、
一体感というか、「並木さんの仕事」に向き合う姿勢が皆さんの中心に
あるような感じを受けました。この感覚は僕にとっても嬉しかったです。

お話しの最後に、参加してくださった皆さんから感想を聞きながら「並
木さんの仕事の”特徴的”な部分とはなんだろう?」を全員で深めていき
ました。その中で、多く挙げられたキーワードは「柔軟さ」でした。
仕事でのフィールドの変化、職場の仲間と、自分との向き合い方、など
様々な場面で柔軟に対応し、その時々の変容に添うように「進んでいる」
それは流されているのではなく「流れていく」という事。自らのエネル
ギーを流れに加えているという事なのだろうなと、そう感じました。

「熱意のある人が集まらないと、絶対良い雑誌なんて出来ない。」

とてもストレートな言葉。心臓を射抜かれる様なその言葉には、色んな
意味が込められている。これは、実際にレクチャに参加しないと伝わり
切らない「本当の言葉」なのだと思います。

参加された皆さま、並木さん、有意義なひと時をを有り難うございました。

「本の話をしよう、本と旅に出よう。」

2011年02月23日 (水) 01:16 |


「並木さんの仕事」の感想の前に、2回目の開催要望が多かった「本の
話をしよう。」の第2回が決定しましたので、参加募集のお知らせです。

タイトルは「本の話をしよう、本と旅に出よう。」です。テーマを「旅」
に絞って、旅に出る時にどんな本を持って行くか、旅先でどんな本を読
みたいか?旅に出るという親しい人へどんな本を贈りたいか?などなど、
思い出話、妄想話をanbienさんの作ってくれる紅茶を飲みながらゆった
りまったり話しましょう!何気ない会話から、本の魅力を再発見できる
かもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




 本の話をしよう、
 本と旅に出よう。

昨年11月に開催した「本の話をしよう。」があんまり楽しかったので
またみなさんと本の話がしたくなりました。

第2回は「旅」がテーマです。
一冊は「旅に持っていきたい本」。もう一冊は「旅に出る友だちに贈り
たい本」。(こちらはみんなで交換をしたいと思いますので手放しても
よい本をお持ちくださいね。)

旅に出るときに必ず持っていくもの、なんですか?カメラ?ガイドブッ
ク?スケッチブック?私は本を持っていきます。いつだって鞄に本は入
っているけれど、旅となると特別です。旅に出る朝、いちばん悩むのが、
どの本を持っていくか。旅行鞄と本棚の前を往復して、うーん、うーん、
頭をひねります。あれも持っていきたい、これも読みたいとよくばって
詰め込みすぎて、ほかのものが入らなくなってしまったり大事なもの
を忘れてしまったり、そんなこともしばしば。

架空の旅行計画を立てて、いっしょに旅をする本を一冊選んでお話しを
聞かせてくださいな。

旅に出る友だちには、どんな本を送りましょう。直接役に立つ本はもち
ろん、旅に出るのが楽しみになる本、旅先で読んでもらいたい本、いろ
いろありそうです。

ティーハンデルのおいしい紅茶をいただきながらのんびりゆっくり、
いっしょにお話ししませんか?

さて、私もどの本を持っていこうか、本棚と相談します。お話会の前に、
なんだか旅に出たくなってしまいそうです。

絵・文 / 佐藤ジュンコ


「本の話をしよう、本と旅に出よう。」

日時 3/22(火)19時〜21時
会場 anbien
料金 ¥1,000(温かいスープ付き
定員 10名
持ち物 「旅に持っていきたい本」と
    「旅に出る友だちに贈りたい本」
    (実際に交換をしても良い本)の2冊



参加のご予約は、chii-sana-machi@mail.goo.ne.jpまで
ご連絡ください。

企画 佐藤ジュンコさん

サポート 小さな街 小野


【 anbien 地図 】





【追記】

※今週末を予定していましたこのお話し会は、主催しているジュンコさん
の体調を考慮し延期する事に致しました。ご連絡が遅れまして大変申し訳
ございません。延期の日程は3/22(火)の19時からと決定致しました。
引き続き、参加申込みを受け付けておりますのでご都合の合う方は是非、
ご参加ください。

「オリジナル革フタ作り−ミニポーチ−」

2011年02月10日 (木) 22:55 |


ワークショップのお知らせです!小さな街をスタートさせてから、色々
とお世話になっているbruleさんがワークショップの講師をしてください
ます。bruleさんらしい革の素材を使った素敵なミニポーチの製作が体験
が出来ますよ。興味のある方は是非ご参加ください!
(下記bruleさんのブログを転記)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

好きな色の革に好きなパーツを縫い合わせて革フタ部分を作ります。
ミニポーチに縫いつければオリジナルポーチの出来上がり*

・ポーチはケイタイ(スマートフォン)ケースにもなるサイズです。
・ポーチ本体はbrule制作のものをご用意します。
・持ち物は特にありません。

・場所 anbien
仙台市青葉区一番町1-15-40竹丸ビル2F(南町通り光源社向かい)
・2/26(土)14時〜16時
・参加費¥3000(フレーバーティー付き)
・定員6名

お申し込みはbruleメールアドレスまでお名前ご連絡先明記の上
お願い致します。
info@brule-made.com


bruleメインHP → http://brule-made.com


革を縫うことに興味のある方お勧めです。
日々の手芸に革を取り入れてみませんか?
手芸初心者の方でも大丈夫です!お気軽にどうぞ♪
手づくりの時間を一緒に楽しみましょう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「武田こうじポエトリーリーディング」

2011年02月02日 (水) 22:19 |


2月25日の金曜日の夜、とても静かで温かいライブがanbienにて
開かれます。

詩人、武田こうじさんをお迎えしてポエトリーリーディングライブを
行います。anbienはライブをする事が初めてということで、いつもの
お店の雰囲気がどんな空間に変化するのかとても楽しみです。演出や
BGMは Inn に担当して頂きます。心奪われる程美しく、言葉のリズム
や音にうとうと眠たくなるかもしれません。気持ちの良いひとときを
皆さんと一緒に感じる事が出来ればなと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




「武田こうじポエトリーリーディング」


日時 2/25(金)19時〜21時
会場 anbien
料金 ¥1,500(温かいスープ付き)
定員 10名

:武田こうじ詩人:1971年生まれ。仙台市在住。詩集の刊行。ポエ
トリーリーディングライブを各地で展開している。(主な開催場所:
仙台文学館・八木山動物公園・仙台市天文台など)
詩のワークショップや読みきかせも病院や学校などで開催している。
現在の2校目の校歌を作詞中。
最新詩集『バンスイ、トウソンヲ、イマ ヨム。』『しっぽ』が発売中。
Web - http://kojitakeda.com/

:Inn:ここは、音の宿 [Inn] 。心奪われる様な美しさ [rapt] と、長閑
でうとうと眠くなるような [drowsy] を中心に、平穏で日常的なBack
ground musicを取り扱う、CD-R専門のレーベルです。仙台を中心
に活動しています。
Blog - http://raptdrowsyinn.dtiblog.com/

参加のご予約は、chii-sana-machi@mail.goo.ne.jpまで
ご連絡ください。


【 anbien 地図 】

Powered by DTIBLOG Designed by TEAM W.